空間分析におけるスケール

 本教材は、「ラスタデータの分析」の実習用教材です。GISソフトウェアを用いた、ラスタデータの分析の手法について解説しています。ソフトウェアには、無償で利用できるQGIS、GRASS、GeoDaを用いています。講義用教材として、地理情報科学教育用スライド(GIScスライド)の4章が参考になります。本教材を使用する際は、利用規約をご確認いただき、これらの条件に同意された場合にのみご利用下さい。

使用データ

スライド教材

スライドのダウンロードはこちら


GeoDaのインストール

 この教材では、local_moran’s_I の算出を算出するため、GeoDaを利用する。GeoDaのダウンロードサイト にアクセスして、GeoDaをインストールする。 GeoDa

GeoDaの起動とデータの読み込み

GeoDaを起動し、File>New project From>Shape fileを選択し、(もしくは、赤枠アイコンをクリックする)columbs.shp を読み込む。 GeoDa

▲メニューへもどる

local_moran’s_Iの算出

local_moran’s_I を計算するために、重み付けファイルを作成する。 Tool > Weight > Create を選択する(もしくは赤枠のアイコンを選択する)。 新規に weights File ID Variable を作成し、任意の項目を選択し、createをクリックする(.galもしくは.gwtファイルを使用するシェープファイルと同じ場所に保存する)。 GeoDa

Space>Univate Local Morans’s I を選択し、CRIME を選択する(1000世帯あたりの住居侵入窃盗と車両盗難のLocal Morans I を算出する)。 出力する散布図や地図を選択し、「OK」をクリックする。 GeoDa

1000世帯あたりの住居侵入窃盗と車両盗難のlocal_moran’s_I が算出できた。 GeoDa

▲メニューへもどる

ライセンスに関する注意事項

本教材で利用しているキャプチャ画像の出典やクレジットについては、その他のライセンスについてよりご確認ください。

results matching ""

    No results matching ""