空間的自己相関

本教材は、「空間的自己相関」の実習用教材です。GISソフトウェアを用いた、空間的自己相関の分析手法について解説しています。ソフトウェアには、無償で利用できるCrimeStatを用いています。講義用教材として、地理情報科学教育用スライド(GIScスライド)の4章が参考になります。本教材を使用する際は、利用規約をご確認いただき、これらの条件に同意された場合にのみご利用下さい。

使用データ

  • 国土数値情報 平成27年東京都地価公示 を加工し利用

スライド教材

スライドのダウンロードはこちら


CrimeStatのインストール

NIJ(The National Institute of Justice,USA) https://nij.gov/topics/technology/maps/Pages/crimestat.aspx にアクセスし、CrimeStat IV をダウンロードし、解凍後に.exeファイルを起動する。 CrimeStat

▲メニューへもどる

Moran’sI統計量

Select Filesからデータを読み込む。XとYに位置座標を設定し、Zに地価の値を設定する。 Projected, Meters, Days にチェックを入れる。 CrimeStat

タブをSpatial Descriptionに切り替え、Moran's I staticにチェックをいれ、「compute」をクリックすると値が算出される。 CrimeStat

▲メニューへもどる

Geary's_C統計量統計量

Geary's_C統計量 にチェックをいれ、「compute」をクリックすると値が算出される。 CrimeStat

▲メニューへもどる

Join_count統計量

Join_count統計量はR等で、算出することができる。 下記は計算の例である。


#Join_count統計量

chika.hi.low <- cut(chika$h27_chika, breaks=c(0,mean(chika$h27_chika), max(chika$h27_chika)), labels=c("low", "high"))

names(chika.hi.low) <- chika$ID
joincount.multi(chika.hi.low, nb2listw(chika.tri.nb,
style="B"))

 Joincount Expected Variance z-valuelow:
low    2856.000 2542.624  280.119  18.724
high:high   413.000  120.115   90.209  30.837
high:low    502.000 1108.261  445.501 -28.723
Jtot        502.000 1108.261  445.501 -28.723

参考になる書籍

空間的自己相関の分析にRを利用する手法は、古谷知之(2011) 『Rによる空間データの統計分析 (統計科学のプラクティス)』が詳しい。

▲メニューへもどる

ライセンスに関する注意事項

本教材で利用しているキャプチャ画像の出典やクレジットについては、その他のライセンスについてよりご確認ください。

results matching ""

    No results matching ""