課題:領域分析

 この実習は、ポイントデータから領域を作成する手法として、バッファとボロノイ分割を行うものです。バッファは、地物からの距離に応じて一定の領域を作成する手法です。ボロノイ分割は、複数ある地物の位置関係(最近隣勢力圏)に応じて領域を作成する手法です。これらの詳しい解説は、地理情報科学教育用スライド(GIScスライド)の4章を参照してください。

 以下の手順とGISオープン教材の領域分析の教材を参考に、完成例のような地図が作成できれば、完了となります。実習で利用するデータの一部は、既存データの地図データと属性データの教材を参考にダウンロードしてください。GIS初学者は、本教材を進める前にGISの基本概念の教材を確認しておいてください。

実習用データ

 実習をはじめる前に、以下のデータをダウンロードしてください。なお、すべてのデータをJGD2000の平面直角座標系に統一して下さい国土数値情報のデータはダウンロード後に「JGD2000の平面直角座標系」へ座標変換する。国土数値情報データの読み込み時に空間参照設定のウィンドウが表示されたら、JGD2000を選択した後(QGIS2.8.4の場合)に変換の処理を行ってください。

  • 国土交通省国土政策局「国土数値情報(愛知県 行政区域、郵便局、小学校、小学校区、学校、文化施設データ 全国 鉄道線、鉄道駅、空港データ)

ダウンロード手法は、既存データの地図データと属性データの教材を参考とする。座標系の変換手法は空間データの教材を参考とする。名古屋市内のポリゴンは、愛知県のポリゴンから名古屋市を選択した状態(選択ツール)で、名前を付けて保存を実行する(この際に選択地物のみ...にチェックをつける)。その他のレイヤは、基本的な空間解析の教材を参考に用意する。


課題1

バッファの作成

 以下の手順と領域分析の教材を参考に、国土数値情報からダウンロードした学校データを用いて、100mのバッファを作成し、以下の設問に回答してください。

設問

愛知県にあるすべての学校から100m圏内に含まれる文化施設の件数を回答してください。

完成例

バッファ

手順

  1. ダウンロードしたデータをQGISで読み込む。

  2. ベクタ>空間演算ツール>バッファから100mのバッファを作成する。

  1. 空間クエリプラグインで、バッファ内の文化施設の数を計測する。

  2. 地図をレイアウトしする。

△メニューへもどる


課題2

ボロノイ分割図

 以下の手順と領域分析の教材を参考に、国土数値情報からダウンロードした名古屋市内の小学校と小学校区のデータを用いて、ボロノイ図を作成してください。ボロノイ図を作成後、小学校区とボロノイ図を比較し、300字程度でまとめて下さい。

完成例

準備中

手順

  1. ダウンロードしたデータをQGISで読み込む。

  2. ベクタ>ジオメトリツール>ボロノイポリゴンから、ボロノイポリゴンを生成する。

  3. ボロノイ図を作成する。

  4. 小学校区とボロノイ図の比較を行う。

△メニューへもどる


完成例で使用したデータ

本ページで使用しているデータの出典については、該当する教材よりご確認ください。

results matching ""

    No results matching ""