課題:視覚的伝達

 この実習は、値の分類や視覚化に関するものです。以下の手順とGISオープン教材の領域分析の教材を参考に、完成例のような地図が作成できれば、実習完了となります。実習で利用するデータの一部は、既存データの地図データと属性データの教材を参考にダウンロードしてください。GIS初学者は、本教材を進める前にGISの基本概念の教材を確認しておいてください。

実習用データ

 実習をはじめる前に、政府統計局e-statから、任意の地域の境界(世界測地系の平面直角座標系のもの)データをダウンロードしてください。


課題1

属性データの分類

 政府統計の総合窓口(e-Stat)から、ダウンロードした境界データ(行政界のデータ)を利用し、人口密度の分布図を作成してください。作成する地図は、データに対して適切な分類が行われているものとします。

手順

  1. QGISでe-statのデータを読み込み、属性テーブルから人口密度を計算する。

  2. プロパティを開き、値を分類する。

  3. プリントコンポーザーを開き、地図をレイアウトする。

△メニューへもどる


課題2

カルトグラム

 政府統計の総合窓口(e-Stat)から、ダウンロードした境界データ(行政界のデータ)を用いて、人口のカルトグラム(統計データに基づいて面積や距離を変形させた地図)を作成してください。

完成例

kadai

手順

  1. 政府統計局e-statのページから、「平成22年国勢調査(小地域)」を選択し(統計表は任意で指定する)、市区町村の境界データ(世界測地系平面直角座標系・Shape形式)をダウンロードする。

  2. QGISでレイヤをデータを読み込み、画面左側に表示されるレイヤの一覧から対象のデータの上で右クリックし属性テーブルを開く。属性テーブルにJINKOの項目があるかを確認する。JINKOの値に0があると計算できないため、対象のテーブルを削除するか、値を1とする。

  3. QGISの「プラグインの管理とインストール」から「Cartogram」プラグインをインストールする。

  4. Cartogramプラグインを起動し、JINKOの値を用いてカルトグラムを作成する。

  5. レイヤのプロパティを開き値を色分けする(人口ごとに色分けする/正確に分類する場合は、分類数の設定にはスタージェスの公式等を用いると良い)。

  6. 地図をレイアウトする。

△メニューへもどる


完成例で使用したデータ

本ページで使用しているデータの出典については、該当する教材よりご確認ください。

results matching ""

    No results matching ""