課題:空間データ

 この実習は、空間座標の変換、ジオリファレンス、ジオコーディングなどデータの保持する位置情報の変換やデータに位置情報を付加する手法について学ぶためのものです。GISでデータ分析をする場合、データの空間座標に注意する必要があります。データによって空間座標が異なっていると、位置ズレが生じ、データの処理が行えないことがあります。データに空間座標を付加する場合にも、注意が必要になります。

 以下の手順と空間データの教材を参考に、完成例のような地図が作成できれば、実習完了となります。実習で利用するデータの一部は、既存データの地図データと属性データの教材を参考にダウンロードしてください。GIS初学者は、本教材を進める前にGISの基本概念の教材を確認しておいてください。

使用データ

本課題では、以下のデータを使用しています。

課題1

空間座標の変換

 地理座標系のデータを投影座標系に変換した地図を作成してください。また、地理座標系と投影座標系の違いについて、WEBで調べて300字程度でまとめてください。データは、東京23区コンビニエンスストアから、世界測地系の地理座標系のデータを用いて下さい。

※ 最新の測地系はJGD2011であるが、QGIS2.8.4ではJGD2011の変換ができないため、本実習ではJGD2000で対応している(2.14は、JGD2011に対応)。

完成例

完成例

手順

1. 東京23区コンビニエンスストアから地理座標系のシェープファイルを選択し、QGISに表示する。

2. デフォルトでは、疑似的に位置合わせされるため、右下(EPSG)のボタンから、オンザフライ投影のチェックをはずす。

3. 地理座標系から投影座標系(世界測地系9系)に変換する。

4. 地図をレイアウトする。

5. QGISの作業ファイル(.qgs)に任意の名前をつけ保存し、画面を閉じる


課題2

ジオリファレンス

 ジオリファレンスは、位置情報のもたない画像などのデータに位置情報を持たせる際に用いる手法です。鯖江市のオープンデータより古地図006をダウンロードし、地理院タイルをもとにGCPを取得し、完成例のようにジオリファレンスした図を作成してください(なお、地理院タイルが利用できない場合は、基盤地図情報2500基本項目鯖江市道路等を利用すること)。

手順

  1. 実習用データ:鯖江市 古地図006をダウンロードする。

  2. sabae_sampleとタイルレイヤプラグインを用いて地理院タイル(標準地図など)を読み込んでおく

  3. 古地図を読み込みQGISのジオリファレンサーを起動する

  4. ジオリファレンサーの利用法を参考に、古地図にGCP(Ground Control Point)を付加する(完全には一致しないため、おおまかでよい)

  5. QGISビギナーズマニュアルを参考に、地図をレイアウトする(古地図のプロパティを開き、画像を透過すると良い)

  6. QGISの作業ファイル(.qgs)に任意の名前をつけ保存し、画面を閉じる

※ 今回は必要ないが、ジオリファレンスで高い位置精度を求める場合は、基盤地図情報の道路縁等の高精度のベクトルデータを用いることが望ましい。


課題3

ジオコーディング

 ジオコーディングは、緯度経度や住所などの情報を保持したテキストファイル等を用いてGISで扱えるデータを作成する手法です。サンプルデータ[susono_AED.csv]を用いて、ジオコーディング(アドレスマッチング)を行い地図を作成して下さい。

手順

  1. susono_AED.csvのfx(経度)とfy(緯度)のフィールドを利用し、QGISでCSVデータを読み込む。

  2. QGISで読み込んだCSVデータを名前を付けて保存から新規のシェープファイルとして出力する。名前を付けて保存のデータ形式をESRI Shapefileに切り替え、CRSはJGD2000とする。

  3. 空間座標の変換 の教材を参考に、2.で作成したシェープファイルを世界測地系の平面直角座標系第Ⅷ系に変換する(名前を付けて保存から、新規のデータ作成を行う)。

  4. QGISビギナーズマニュアルを参考に、地図をレイアウトする(背景地図を設定すると良い)。

△メニューへもどる

完成例で使用したデータ

本ページで使用しているデータの出典については、該当する教材よりご確認ください。

results matching ""

    No results matching ""