課題:参加型GISと社会貢献

 この実習は、OpenStreetMapを用いて参加型GISと社会貢献について学ぶものです。以下の手順とGISオープン教材の[参加型GISと社会貢献]の教材を参考に、OSMの特性とGISによる社会貢献について400字程度でまとめてください。また、OpenStreetMapの編集作業上の注意点についても400字程度でまとめてください。GIS初学者は、本教材を進める前にGISの基本概念の教材を確認しておいてください。

手順

  1. OSMのアカウントを取得し、ログインする。

  2. OSMを操作し、どのようなことができるのかを確認する。地物の編集を行う場合は、チュートリアルを実施し、編集のアップロードはしないでください。(大学の実習等で編集をアップロードする際は、担当教員の指導のもと、自己責任で行ってください。)

  3. クライシスマッピングに関する教材も参考に、OSMの特性とGISによる社会貢献について400字程度でまとめる。

  4. OSMの編集作業上の注意点について400字程度でまとめる。

※ 大学等の実習でOSMの編集を行う場合は、学生の編集に誤りがないかをチェックすることが望ましいです。

△メニューへもどる


完成例で使用したデータ

本ページで使用しているデータの出典については、該当する教材よりご確認ください。

results matching ""

    No results matching ""