課題:リモートセンシングとその解析

 この実習では、リモートセンシングとその解析入門としてLANDSATの衛星画像を用いて、衛星画像データのダウンロードとRGB合成や土地被服図の作成を行います。実習で使われる用語や概念は、地理情報科学教育用スライド(GIScスライド)の2章を参照してください。   以下の手順とGISオープン教材の[リモートセンシングとその解析]の教材を参考に、完成例のような地図が作成できれば実習完了となります。

実習用データ

LANDSAT-8(2014-12-09T17:19:28Z)


課題1

衛星画像データのダウンロードとRGB合成

 以下の手順と[リモートセンシングとその解析]教材を参考に、衛星画像データ(LANDSAT-8)のダウンロードとRGB合成を行いフォールスカラー、ナチュラルカラー、トゥルースカラー図を作成してください。また、「それぞれの図が何を示すものか」について400字程度でまとめて下さい(光学センサ、波長帯、反射特性などの語句を用いることが望ましい)。

手順

  1. LandBrowserを利用して、LANDSAT-8の衛星画像をダウンロードする(場所や時期は任意で選択する)

  2. MultiSpecをインストールする

  3. MultiSpecで画像を読み込み、フォールスカラー、ナチュラルカラー、トゥルースカラーのカラーコンポジットを作成する

  4. 各図が何を示す図であるかをまとめる

△メニューへもどる


課題2

土地被覆図

 以下の手順と[リモートセンシングとその解析]教材を参考に、ダウンロードした衛星画像データ(LANDSAT-8)をもちいて教師つき分類を行い、土地被服図を作成してください。土地被服図のレイアウトには、QGISを用いてください。

完成例

準備中

手順

  1. MultiSpecで衛星画像データを読み込む

  2. 教師つき分類の項目を参考にトレーニングエリアを作成する

  3. 教師つき分類を行い、ラスタデータを出力する

  4. QGISで土地被覆図をレイアウトする

△メニューへもどる


完成例で使用したデータ

本ページで使用しているデータの出典については、該当する教材よりご確認ください。

results matching ""

    No results matching ""