OpenLayers入門

本教材は、QGISのプラグインであるQGIS2WEBを用いて、OpenLayers3でWEB地図を作成するための実習用教材です。以下の教材に従って、完成例のようなWEB地図が作成できれば実習完了です。この実習には、Atom等のテキストエディタが必要です。

本教材を使用する際は、利用規約をご確認いただき、これらの条件に同意された場合にのみご利用下さい。

使用データ

スライド教材

スライドのダウンロードはこちら


OpenLayersとは?

OpenLayersは、簡単にダイナミックなWEB地図を作ることができるオープンソースのJavaScriptライブラリです。Leafletと同様に、地図操作やベクトルレイヤ、タイルの読み込みなど様々な地図表現が可能です。OpenLayersに関する詳しい解説は、以下のリンクを参照してください。

OpenLayers公式 wikipedia 株式会社エヌ・シーエム OpenLayers

レイヤのスタイル調整とプラグインのインポート

QGISに実習用データを読み込み、スタイルを調整する。次に、プラグインの管理とインストールから、「QGIS2WEB」を検索し、インストールする。 QGISで調整

▲メニューへもどる

QGIS2webを起動する

Web(W)>qgis2webをクリックする。以下のような設定を行い、Update previewをした後、Exportをクリックする。 QGIS2Leaf

① レイヤをクリックしたときのポップアップの設定を行う。② ズームレベルや計測機能などを設定する。ここで、ファイルの出力先を変更しておくと良い。 ③ Basemapを選択する(複数選択は、 Ctrlキーを押しながら行う)

ローカルで、index.htmlファイルを開き中身を確認する。 QGIS2Leaf

▲メニューへもどる

index.htmlを編集する

以下では、エクスポートしたindex.htmlを編集し、凡例の日本語化、Basemapの追加、レイヤの透過手法について解説しています。各機能の詳しい解説は、完成例のコードを参考にしてください。

凡例の変更(地図の切り替えウィンドウ)

layer.jsをテキストエディタで開き、//の個所を書き換える

var lyr_flood_assumed_area = new ol.layer.Vector({
                source:jsonSource_flood_assumed_area,
                style: style_flood_assumed_area,
                title: "想定浸水区域"
            });var format_refugefirststage = new ol.format.GeoJSON();
var features_refugefirststage = format_refugefirststage.readFeatures(geojson_refugefirststage,
            {dataProjection: 'EPSG:4326', featureProjection: 'EPSG:3857'});
var jsonSource_refugefirststage = new ol.source.Vector();
jsonSource_refugefirststage.addFeatures(features_refugefirststage);var lyr_refugefirststage = new ol.layer.Vector({
                source:jsonSource_refugefirststage,
                style: style_refugefirststage,
                title: "一次避難所"
            });

ポップアップの編集

layersフォルダにあるlayers.jsを開き、テキストエディタの置換機能を用いて、フィールド名を日本語にする。no labelinline labelに書き換える。

lyr_flood_assumed_area.set('fieldLabels', {'SAUID': 'inline label', 'SAUPDATE': 'inline label', 'SAFIELD000': 'inline label', 'SAFIELD001': 'inline label', });
lyr_refugefirststage.set('fieldLabels', {'SAFIELD003': 'inline label', 'SAFIELD004': 'inline label', 'SAFIELD005': 'inline label', 'SAFIELD006': 'inline label', 'test': 'inline label', });

ベースマップの追加

var baseLayerに地理院地図を追加する。

var baseLayer = new ol.layer.Group({
    'title': 'Base maps',
    layers: [

  new ol.layer.Tile({
      'title': 'OSM',
      'type': 'base',
      source: new ol.source.OSM()
  }),
  new ol.layer.Tile({
      'title': 'Stamen Terrain',
      'type': 'base',
      source: new ol.source.Stamen({
          layer: 'terrain'
      })
  }),//以下を追加

  new ol.layer.Tile({
    'title': '地理院地図',
    'type': 'base',
              source: new ol.source.XYZ({
                attributions: [attribution],
                url: 'http://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{z}/{x}/{y}.png'
              })
            })
  ]
});

ポリゴンを透過する

stylesフォルダのflood_assumed_area_style.jsを開き、透過‘1.0’を0.7に変更する。

var size = 0;function categories_flood_assumed_area(feature, value) {
                 switch(value) {case "0.0-0.5":
    return [ new ol.style.Style({
         fill: new ol.style.Fill({color: ‘rgba(161,231,253,0.7)’}) //1.0から0.7にする
    })];  //以下、省略

表示の確認

index.htmlをブラウザで開き、編集内容を確認する。 QGIS2Leaf

▲メニューへもどる

ライセンスに関する注意事項

本教材で利用しているキャプチャ画像の出典やクレジットについては、その他のライセンスについてよりご確認ください。

results matching ""

    No results matching ""