Leaflet入門

本教材は、QGISのプラグインであるQGIS2WEBを用いて、LeafletでWEB地図を作成するための実習用教材です。以下の教材に従って、完成例のようなWEB地図が作成できれば実習完了です。この実習には、Atom等のテキストエディタが必要です。

本教材を使用する際は、利用規約をご確認いただき、これらの条件に同意された場合にのみご利用下さい。

使用データ 実習をはじめる前に以下のデータをダウンロードしてください。

スライド教材

スライドのダウンロードはこちら


Leafletとは?

Leafletは、WEB地図の作成のためのオープンソースJavaScriptライブラリです。シンプルなコーディングで容易に、モバイルやデスクトップの表示に対応したWEB地図が作成できます。全体のファイルサイズが軽いことや様々な地図表現(マーカやタイル読み込み)ができることが特徴です。Leafletに関する詳しい解説は、以下のリンクを参照してください。

Leaflet公式 Wikipedia

▲メニューへもどる

レイヤのスタイル調整とプラグインのインポート

QGISに実習用データを読み込み、スタイルを調整する。次に、プラグインの管理とインストールから、「QGIS2WEB」を検索し、インストールする。 QGISで調整

▲メニューへもどる

QGIS2webを起動する

Web(W)>qgis2webをクリックする。以下のような設定を行い、Update previewをした後、Exportをクリックする。 QGIS2Leaf

① レイヤをクリックしたときのポップアップの設定を行う。② ズームレベルや計測機能などを設定する。ここで、ファイルの出力先を変更しておくと良い。 ③ Basemapを選択する(複数選択は、 Ctrlキーを押しながら行う)

ローカルで、index.htmlファイルを開き中身を確認する。 QGIS2Leaf

▲メニューへもどる

index.htmlを編集する

以下では、エクスポートしたindex.htmlを編集し、ベースマップ、スケール、タイトルを追加する手法について解説します。各機能の詳しい解説は、完成例のコードを参考にしてください。

ベースマップ(地理院地図)の追加

index.htmlを開き文を開き、var basemap1の直後に以下を付け加える。

var basemap2 = L.tileLayer('https://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{z}/{x}/{y}.png', {
    attribution: '&copy; <a href="https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html#std">国土地理院</a>',
    maxZoom: 18
});

var baseMapsに'GSImap':basemap2を付け加える。

var baseMaps = {'OSM': basemap0, 'Stamen Terrain': basemap1,'GSImap':basemap2};

スケールの追加

レイヤのスタイル設定の後に、以下を記載する

L.control.scale().addTo(map);//スケールを挿入

タイトルの追加

スケールを追加した直後に、以下を記述する。

var title = new L.Control();//タイトルを追加(以下の記述は、QGIS2leafを参考にした)
title.onAdd = function (map) {
  this._div = L.DomUtil.create('div', 'info');
  this.update();
  return this._div;
};
title.update = function () {
  this._div.innerHTML = '<h2>タイトル</h2>サブタイトル'
};
title.addTo(map);

表示の確認

index.htmlをブラウザで開き、編集内容を確認する。 QGIS2Leaf

▲メニューへもどる

Leafletのダウンロードと使い方

以下では、QGISのプラグインを使わずに、Leafletを用いて簡単なWEB地図を作成する手法について解説します。

※ この教材を作成するにあたって、LeafletのTutorials、Docsを参考にした。

導入

Leafletを利用する手法はいくつかあるが、以下では、ダウンロード版を用いて解説している。Leafletのページから、Leafletのzipファイルをダウンロードし、解凍したフォルダ内に以下の内容でindex.htmlを作成する。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <title></title>
  <meta charset="utf-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <link rel="shortcut icon" type="image/x-icon" href="docs/images/favicon.ico"/>
  <link rel="stylesheet" href="./Leaflet.css" />
  <script src="./Leaflet.js"></script>
</head>
<body>
  <!--表示する地図の範囲を記載-->
  <div id="map0" style="width: 500px; height: 500px;"></div>
  <script>
  </script>
</body>

</html>

背景地図の表示

作成したindex.htmlの内を以下のように、編集して地図を読み込む。以下では背景地図として国土地理院の地理院タイル(標準地図)を利用した。

<body>
  <div id="map0" style="width: 500px; height: 500px;"></div>
  <script>
    var map1 = L.tileLayer('https://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{z}/{x}/{y}.png', {
    maxZoom: 18,
    attribution: "<a href='https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html' target='_blank'>地理院タイル</a>"
    });
//map0に表示する地図の緯度経度、ズームレベル、タイルを設定する
    var map = L.map('map0',{
      center:[36.0, 138.7],
      zoom:13,
      layers:[map1]
});
</script>
</body>

複数の背景地図を読み込み、切り替えて表示するには以下のようにする。

<script>

//地図1の設定
var map1 = L.tileLayer('https://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{z}/{x}/{y}.png', {
maxZoom: 18,
attribution: "<a href='https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html' target='_blank'>地理院タイル</a>"
});

//地図2の設定
var map2 = L.tileLayer('https://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/ort/{z}/{x}/{y}.jpg', {
maxZoom: 18,
attribution: "<a href='https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html' target='_blank'>地理院タイル</a>"
});

//地図1をベースマップに設定する
var map = L.map('map0',{
    center:[36.0, 138.7],
    zoom:13,
    layers:[map1]
});

var maps = {
"標準地図": map1,
"写真(2007~)":map2
};

// 地図1と地図2を切り替え表示するためのウィンドウを追加する
L.control.layers(maps).addTo(map);

</script>

点(マーカー)、線、面データの作成

以下では座標値をもつ点、線、面のデータを記述し、地図上に表示する手法について解説しています。

<script>

//点(マーカー)の追加(ポップアップの追加)
L.marker([36.0, 138.7]).bindPopup('この地点の座標は、36.0, 138.7です').addTo(map);

//複数点の追加
L.marker([36.0, 138.7]).bindPopup('この地点の座標は、36.0, 138.7です').addTo(map);
L.marker([36.0, 138.9]).bindPopup('この地点の座標は、36.0, 138.9です').addTo(map);
L.marker([36.05, 138.9]).bindPopup('この地点の座標は、36.05, 138.9です').addTo(map);
L.marker([36.05, 138.7]).bindPopup('この地点の座標は、36.05, 138.7です').addTo(map);


//面の追加(塗りつぶし色、透過度を指定)
L.polygon([
    [36.0, 138.7],
    [36.0, 138.9],
        [36.05, 138.9],
        [36.05, 138.7]
], {color:'pink',fillOpacity:0.5}).bindPopup('これは、ポリゴンです。').addTo(map);

//線の追加(線の色、太さを指定)、面と線の描画順に注意する
L.polyline([
    [36.0, 138.7],
    [36.05, 138.8],
    [36.0, 138.9],
        [36.0, 138.7]
], {color: 'yellow',weight: 3.0}).bindPopup('これは、ラインです。').addTo(map);

</script>

上のコードを利用して、グループ化したMarkerと他のレイヤを、チェックリストから選択表示できるようにする。

//L.layerGroup()でマーカーをグループ化する
var markers = L.layerGroup();

L.marker([36.0, 138.7]).bindPopup('この地点の座標は、36.0, 138.7です').addTo(markers);
L.marker([36.0, 138.9]).bindPopup('この地点の座標は、36.0, 138.8です').addTo(markers);
L.marker([36.05, 138.9]).bindPopup('この地点の座標は、36.0, 138.9です').addTo(markers);
L.marker([36.05, 138.7]).bindPopup('この地点の座標は、36.0, 138.9です').addTo(markers);


var polygon =
  L.polygon([
    [36.0, 138.7],
    [36.0, 138.9],
        [36.05, 138.9],
        [36.05, 138.7]
], {color:'pink',fillOpacity:0.5}).bindPopup('これは、ポリゴンです。');

var polyline =
  L.polyline([
    [36.0, 138.7],
    [36.05, 138.8],
    [36.0, 138.9],
        [36.0, 138.7]
], {color: 'yellow',weight: 3}).bindPopup('これは、ラインです。');

//layersに最初に表示するレイヤを設定する
var map = L.map('map0',{
    center:[36.0, 138.7],
    zoom:13,
    layers:[map1,markers,polyline,polygon]
});


var layers = {
    "ポイント": markers,
    "ライン":polyline,
    "ポリゴン":polygon
};


var basemaps = {
"標準地図": map1,
"写真(2007~)":map2
};

//レイヤを選択して表示できるようにする
L.control.layers(basemaps,layers).addTo(map);

スケールの表示

スケールは、以下のように記述することで表示できます。

L.control.scale({imperial: false}).addTo(map);

外部ファイルの追加

jQueryを利用して、GeoJSONのファイルを読み込む。

//GeoJSONの読み込みポイント
//クリックすると属性が表示されるようにする
$.getJSON("tokyo23ku-cvs.geojson", function (data) {
    L.geoJson(data).bindPopup(function (layer) {
    return layer.feature.properties.name;
}).addTo(map)
});

サンプルページ

▲メニューへもどる

ライセンスに関する注意事項

本教材で利用しているキャプチャ画像の出典やクレジットについては、その他のライセンスについてよりご確認ください。

results matching ""

    No results matching ""