GIS実習教材について

 本教材は、日本独自の地理情報科学の知識体系を教科書として編集した、浅見ほか編(2015)『地理情報科学 GISスタンダード』を参考に構成したものです。教材では、GISの基本操作を体系的に整理し、ソフトウェアを用いて解説しています。また本教材は、各教材と対応した課題ページを用意しているため、大学等の実習やの個人学習として利用できます(一部、課題を用意していないものもあります。)。本教材を使用する際は、利用規約をご確認いただき、これらの条件に同意された場合にのみご利用下さい。

 GIS初学者が本教材を利用する場合は、GIS初学者コースの順で学習を進めてください。

GIS実習教材

GIS初学者コース

 このコースは、GIS初学者が本教材を利用して学習を進めることを想定し、教材を進めていく順番を示したものです。学習の所要時間には、各教材に設定されている課題の作成も含めています。個人の自主学習などの際にご活用ください。

 学習順8まで、学習が完了したら教材の難易度の表を参考に関心のある項目の学習を進めてください。

学習順 教材名 所要時間(目安)
1 GISの基本概念 30分
2 QGISビギナーズマニュアル 2時間
3 既存データの地図データと属性データ 2時間
4 空間データ 3時間
5 空間データの統合・修正 3時間
6 視覚的伝達 2時間
7 基本的な空間解析 2時間
8 GRASSビギナーズマニュアル 2時間

教材難易度

 下の表は各教材の教材区分(難易度)を示したものです。

教材名 区分
QGISビギナーズマニュアル 入門者向け
GRASSビギナーズマニュアル 初級者向け
既存データの地図データと属性データ 初級者向け
空間データ 初級者向け
空間データの統合・修正 初級者向け
視覚的伝達 初級者向け
基本的な空間解析 初級者向け
領域分析 中級者向け
点データの分析 中級者向け
ラスタデータの分析 中級者向け
ネットワーク分析 中級者向け
リモートセンシングとその解析 中級者向け
参加型GISと社会貢献 中級者向け
空間データベース 上級者向け
傾向面分析 上級者向け
空間的自己相関 上級者向け
空間補間 上級者向け
空間相関分析 上級者向け
空間分析におけるスケール 上級者向け

教材区分について

区分 対象者
入門者向け GISを初めて利用する方が対象
初級者向け GISで、解析はできないがデータの表示や地図作成ができる方が対象
中級者向け GISを用いた解析や応用例について知りたい方が対象
上級者向け GISを駆使した解析ができ、空間統計学やプログラミングについて理解のある方が対象

results matching ""

    No results matching ""